巨乳キャラあつめました

button-to-tag-page

幕間 濡れ透けJKとトイレックス

黒宮はその日、珍しく用事で電車に乗っていた
外は大降りの雨で、中々止みそうにない。
そんな中、きゃぁきゃぁと姦しい声と共に、女子高生の一団が入ってきた。

(せっかく平日の昼間で、静かだったのにな……)

恨みがましく視線を向けると、どきりと心臓が高鳴る。
同じ学校なのだろう、皆赤のリボンにブラウス、そしてチェックのスカートという制服姿。
それが全身びしょびしょに濡れて、白いブラウスが透け、ブラが見えてしまっている。
それぞれ可愛い子たちだったが、とりわけ、明るく染めた髪をサイドテールに結った子が目立っていた。
ひとりだけ垢抜けている感じで、マニキュアを塗った爪や、耳から揺れるアクセサリ、お洒落なポーチなど、背伸びした綺麗さだ。

そして何より、下着が大人だった。

ショッキングピンクのブラが見えているのだ。
一体この後、何をする予定だったのか、じっくり問い詰めたい。
バストサイズはDカップくらいだろうか。同年代の中では、大きい方だろう。

黒宮は股間のムラムラを止められなかった。

今までなら、眼福だったなあ、で済んだ話が、今は上手くやればセックスのチャンスがある。
そう思うだけで、もう、そのことしか考えられなくなってしまう。勃起を隠すのも一苦労だ。
そうこうしているうちに、電車が止まり、目当ての女子高生が降りていく。
どうやらグループの中で、この駅は彼女ひとりのようだ。
思わぬ僥倖に、黒宮はそそくさとホームに降りて、怪しまれないよう遠巻きに後を追った。

それほど大きくもない駅だ。
気付くと、周囲を歩いているのは二人だけになっていた。
ごくり、と唾を飲んで、後ろから声をかける。

「あの、すみません。これ、落としましたよ」
「え? アタシ、なにか落とした?」

振り返った少女に、手のひらと「青い光」を見せる。

「言うことを聞け。これから、後ろに付いてこい」

こうして黒宮は、ぼんやりと歩く少女を連れて、人気の無い構内を歩いて行った。

「抵抗するなよ」

誰もいない、男子トイレの個室。
強姦魔のようなことを言うと、少女のからだを壁へと押しつける。

「んん〜っ!」

がばっと唇を塞いで、下品なキスをする。
ぷりんとした唇をはむはむと味わった。至近距離で見ると、思った以上の美少女だ。

「はぁ、はぁ……ヤダ、こんなとこで、やめてよ……」

唇を離すと、少女が荒く息を吐く。
黒宮はお構いなしに、濡れたブラウスに手を伸ばした。
プチプチとボタンを外して、お目当てのピンクのブラをガン見する。

「こんなにえろい下着つけてさ、この後どうするつもりだったんだ?」
「こ、これからナンパ待ちでもしようかな、って……」

どうやらナンパとホテルは一直線で繋がっているらしい。
とんだ淫乱JKだった。

「じゃあ、こっちも見せてもらおうかな」

短いスカートをめくると、やはりショッキングピンクのショーツが露わになる。
いかにも男とセックスします、と言わんばかりの下着に、黒宮は鼻息を荒くした。
手を伸ばして、男を待っていた割れ目を、ねっとりとなぞる。
同時に、ブラのカップをずらして、直接おっぱいを揉みしだいた。
むにゅんと柔らかな乳房だが、少し芯があるように感じられる。
まだ発育途中、思春期の膨らみだった。

「ああ、ダメだってばぁ……お願い、やめて……」

少女は壁に身を預けて、嫌がりながらも愛撫を受け入れる。黒宮の手は少女の全身を這い回って、しっとり濡れた肌をじっくりと堪能した。
瑞々しい肌からは、十代の新鮮なフェロモンが立ち上るよう。
たまらなくなった黒宮は、ベルトをガチャガチャ外して、赤黒く盛り上がった肉棒をさらけ出した。
ぷっくりと丸く膨れ、先走りを垂らすペニスに、ごくりと少女の喉が鳴る。

「じゃあ、させてもらうぞ」

向かい合って立ったまま、片足を抱えて挿入に持ち込もうとする黒宮に、少女が慌てて声を上げる。

「ちょ、ちょっと、ゴム、ゴムつけてよ! お願いだからっ」
「ん? 今は持ち合わせがないからなあ」
「アタシのバッグに入ってるよ、だからそれ着けてっ!」

女子がバッグに避妊具を持ち歩いているとは。
黒宮は更に興奮して、にんまり笑うと、

「嫌だね」

ずぷり、と亀頭が可憐な穴に入り込む。
遊び慣れているとはいえ、十代半ばの少女だ。狭い内部を強引に押し広げ、ずぶずぶとモノを押し込んでゆく。

「あ、ああっ、入って、入ってきたぁっ!」

女子高生のぷりぷりおまんこに挿入した感激で、黒宮は言葉もない。
ゆっくりと、ペニスの形を教え込むように、気持ちのいい穴を出たり入ったり繰り返す。

「あー、気持ちいい、すげえ気持ちいいよ」

ゴムの膜で遮られることなく、甘美な膣肉を直に味わう。
夢のJK生ハメだ。出し入れするだけで気持ちがいい。
年若い雌とのまぐわいに、ペニスも悦びわなないているようだった。
びくびくを震え、跳ねて、すぐにでも射精したいと暴れている。

「ぐ、くうっ」
「え、うそっ! ちょっと……!」

びゅー、びゅーっと、漏らすように射精した。
熱くドロドロした欲望が、子供を成そうと子宮めがけて流れ込む。
少女はそれを、呆然と受け入れるしかなかった。

「はーっ、はーっ、はぁっ……」

しどけなく崩れ落ちて、少女が荒い息を吐く。
あっという間の、しかし濃縮された行為だった。
どろどろとしたザーメンが、太ももを伝ってトイレの床に零れてゆく。
黒宮は征服感いっぱいにそれを眺めていたが、カツン、と外を歩く音がして、びくりと震えた。
今更、ここがトイレの中だと再認識する。
熱に浮かされてセックスしていたが、流石に警察に押し込まれたりすると不味い。

「少し静かにしてろよ……」

少女の口を右手で塞ぐ。
力をなくしたからだを引っ張って、閉めた便座の上に上体をうつ伏せにした。
余熱を冷ますように、勃起の収まらないペニスをもう一度、狭穴に挿入する。

「んーっ! んーっ……!」

身もだえする女子高生の、反応は鈍く、弱かった。
男の腰がゆっくりと動いて、今度は静かに、ゆっくりと結合を味わうのだった。

ホームに戻る