巨乳キャラあつめました

button-to-tag-page

美巨乳リポーターとハメ撮り記録(2)

ベッドサイドに、男女並んで腰掛けている。
顔を真っ赤にし、視線を逸らすのは、豊満な肢体の美女だ。
男なら誰もがむしゃぶりつきたくなる、悩ましい肉体。
それに横から絡みついて、黒宮が意地悪く言う。

「さ、自己紹介してよ」
「うう、恥ずかしい……み、水科香織です。職業は、リポーターをしています……」
「おっぱい、すごいサイズだね。何カップ?」
「え、Hカップです……」
「凄いサイズだなぁ」

バスローブの合わせ目から手を突っ込み、生乳をわきわきと揉みしだく。
5本の指が、生地の下で独立した生き物のように蠢いて、乳房の上を這った。

「きゃっ」
「本当に最高のおっぱいだよ……弾力があって、柔らかくて、揉み心地抜群だね」

うなじに顔を埋めると、一心不乱に胸を揉む。
あまり乱暴に揉みしだくので、とうとう、はらりとローブが開けてしまった。

「やだ、おっぱい映っちゃう!お願い、カメラ、止めて……」
「ダメだよ……今日はたっぷり、香織ちゃんのえっちなところ、映すんだからね……」

指いっぱいに広がる、柔肉の感触を楽しみながら、ぺろぺろとうなじを舐める。
シャワーを浴びたての女の味だ。

「やっ……ああ……」

カメラから逃れるように顔を背けて、うなじを舐められる姿は、まるでヴァンパイアに血を吸われる女のよう。
そして黒宮は、吸血鬼のように貪欲に、女のセックスを求めている。

「香織ちゃん……これから何をするのか、カメラの前で言ってごらん。
いつものニュース番組みたいにさ」
「ううっ……み、水科香織です……今日は、これから、ここで、せ、セックスを、します……」
「よく言えました」

右手が美巨乳から離れ、太もものあいだへ伸びる。
むっちりとした肉感を楽しむように、太ももを這い上がって、そのまま女性の一番大切なところに触れた。
こんもりと盛り上がった恥丘へと指を這わせて、淫猥な手つきで執拗に擦りつける。

「ひぁっ、そこは、そこはダメっ!」
「いつもしてることじゃないか……そうだ。脚を開いて、綺麗なおまんこを見せてごらん」
「ああ、恥ずかしくて、死んじゃう……」

顔を両手で覆いながら、香織はゆっくりと両脚を開いた。
黒宮がバスローブを解いて脱がし、女体の神秘の場所が、カメラの前に曝け出される。
手マンで刺激されたピンクの入り口は、ひくひくと震えて、物欲しそうに愛液を垂らしていた。

「ほら、もっとよく見せて……」

顔を隠す手を掴み、ゆっくりと下ろさせると、黒宮は彼女の指を女性器の左右に添えさせた。
そのまま、くぱぁ、と入り口を左右に開かせる。
世界中の男たちが入りたがるだろう、巨乳美女の膣口が、カメラの前で顔を出した。

「映ってる、わたしの恥ずかしいところ、映っちゃってるよぉ……」
「よし、次はふたりが繋がるところ、映そうか」
「ま、まだするの?」
「始まったばっかりだよ。さ、立ち上がって、俺の膝に座ってごらん」

香織は言われた通りに立ち上がると、下品に開いた男の股ぐらのあいだに入った。
グラマラスな美女が、内股になって、おずおずと腰を下ろしていく。
黒宮は後ろから腰を掴んで、その位置を調整していった。
愛し合うための穴が、いきり立った男性器へ、ゆっくりと近付く。
先走りを垂らす亀頭が、入り口に触れたとき、香織が躊躇して腰を止めた。

「香織ちゃん。これから何をするのか、具体的に、言ってごらん?」
「こ、これから、セックス、を……」
「そうじゃなくてさ。香織ちゃんの大切なところに、俺のぶっといのが入るでしょ。それを、口にしてよ」
「……こ、これから、黒宮さんの、おちんちんが、わたしの、おまんこに、入ります……」

切れ切れの、後半は掠れて消え入りそうな声。
それでも香織は最後まで言うと、ゆっくり腰を下ろしていく。

ずぷり。
ずぷ、ずぷり。

醜悪なペニスが、女性の下腹部に入り込んでいく様を、カメラが克明に写し撮る。
とうとう最後まで嵌まり込むと、ああ、と消えて無くなりそうな声が漏れた。

「香織ちゃんの中、熱くて柔らかくて、すごく気持ちいいよ。
こんないいおまんこをモノに出来て、最高だなぁ。香織ちゃんは、どう?」
「あ、熱くて、硬いのが、わたしの中、いっぱいです……」
「よしよし、じゃあリポートするのは少し休んでいいよ。もう、そんな暇もないだろうからね」
「え……ああ、んひゃぁ! あん、そんな!」

なだらかな腹部に手を回し、がっしりと抱いて固定すると、思い切り腰を跳ね上げる。
上体が倒れないよう、男の両膝に手を突いて、悩ましく上体をくねらせた。
メロンのような巨乳が上下に踊り、食欲をそそる裸体が、ダイナミックにくねって、踊る。

「ほら、繋がってるの、感じるだろ?俺のちんぽが、香織ちゃんのおまんこ、嬉しそうにパコパコしてるよ」
「あんっ、やぁ、そんな、激しくしないでぇ……あっ」

ずぽっずぽっと、音が出るほど激しくピストンする。
スタジオでは服の上からしか見ることの出来ない乳揺れが、囲まれたカメラの前、生で激しく揺れていた。

「ああっ、こんなの、こんなのぉっ……!」

入れては戻り、戻っては入る。
激しい前後運動と共に、ペニスを出し入れされて、健康な美人のヴァギナは繁殖の準備を整える。濡れそぼって、熱くなった内部が、いっぱいに膨らんだ男性器を包んで、奥へ奥へと誘い込む。
美しく成熟した女の、強烈な肉感を味わいながら、黒宮は更に激しく腰を突き立てる。

「くうっ、もうイクっ! 香織ちゃん、中に、中に出すからね、このお腹に、ザーメンたっぷり注いであげるよっ!」
「んんっ! いやぁ、カメラの前でなんてダメぇっ!」

言葉とは真逆に、燃えるように熱くなった膣全体がきゅうっと収縮する。
睾丸で生み出された、濃厚な遺伝子のスープが、陰茎の根元から尿道を駆け上がり、濁流となって噴き上がる。
引き延ばされた一瞬、ひどくゆっくり感じられる刹那に、黒宮は意識を集中させた。
自分の命、自分の力が、何か神秘的なものに導かれて、精管から放出されるさまを思い描く。

どくどくどくどくっ

「んっ……あっ……入って、きたぁ……」
「へへへ、香織ちゃん、お腹の中に、びゅーびゅー精液出てるよ」

生中出しの瞬間を強調するように、カメラの前でなだらかな腹部をさする。
それはいつもより、濃厚な射精に感じられた。
下腹部を密着させたまま、くたりと力を失った女体を抱き止め、全身に柔らかな重みを感じながら、思う。

(魔術の効果はともかく、ハメ撮りで生中だし、最高にキクわ……)

ホームに戻る