巨乳キャラあつめました

button-to-tag-page

湯けむりJKふたり旅(2)

「……別荘というより、小さな旅館じゃないのか、これ?」
「昔は民宿を営んでいたそうです。ただ、立地があまり良くなくて……」

山の上に建つ、立派な和風建築。
鄙びた一軒家を予想していた黒宮は、思った以上に大きな建物に驚いていた。
なるほど、これを「別荘」として持て余す程度には、名家なのだろう。

荷物を運び、ひとまず居間の隅に積んでおく。
それが済むと、もう居てもたってもいられらなくなって、京子を抱きしめた。
ふんわりと、甘く瑞々しい、十代の少女の匂いが鼻腔をくすぐる。

「あ……」
「もう我慢できないぞ」

背後から包み込むように抱き締めると、わきわきと手を動かして、ほっそりしたからだをまさぐった。
小さな作りをした、折れてしまいそうに細いからだ。
その輪郭を確かめるようにして撫で回し、シャツワンピースのボタンをひとつひとつ外していく。

「ん……嗚呼、黒宮さま、まだお布団も敷いていません……」
「そんなのいいだろ」

運転中、何度路肩に止めてカーセックスになだれ込もうと思ったか。
溜まった欲望が下腹部に集まって、勃起が小さなお尻に押し付けられる。
これ以上無いくらい、あからさまなセックスの要求。
ワンピースのボタンは、腰のあたりまで外されてしまい、愛らしい白のブラが見えた。

「あむ、んん……ふぅ……」

深く甘いキス。
頬を染めた少女が、おずおずと応える舌先を捕らえて、己がそれを激しく絡みつかせる。
ちゅぷ、ちゅぷと湿った音を立てながらの接吻の最中も、愛撫の手は緩めずに。
手慣れた調子で、指は少女のショーツの下、姫所を探り当てて、小さな割れ目を弄ぶ。

「はぁんっ!」

嬌声にキスが止まり、真っ赤に染まった顔が離れてゆく。互いの唇を伝う、銀の糸。
それでも止まぬ愛撫に、京子は困ったような表情で、

「あの……もう、大丈夫です……」

蚊の鳴くような声で、そう囁いた。

「黒宮さま……」

畳の上に、開けたワンピースを広げ、その上に少女の裸体を横たえる。
京子の瞳は、上になった男の股ぐらに注がれていた。
痛いくらいに勃起した、隆々たる肉棒。
グロテスクで、不吉さすら感じる造形だと言うのに、それから目が離せない。幾度となく彼女を貫き、犯した、男の武器だ。

「ショーツ、脱がすぞ」

少女は言われるがまま、脚を上げて、最後の下着が引き抜かれるのを見守る。
ブラも外され、生まれたままの姿を曝け出し、どうしようもない羞恥と、甘い期待が満ちてた。
それは閉じた瞳と、切なげに寄せられた眉根という表情になって現れて。
覆いかぶさる男の情欲に火を灯す。

ずぷ。ずぷずぷ。

小さな穴を押し広げるように、肉槍が突き込まれた。
少女の肢体には太過ぎるそれが、肉襞を抉るように埋め込まれ、入り込んでゆく。

「んああっ」

からだの中心から征服されるような感覚に、少女の口からは切ない声が漏れ。
黒宮は、いつ味わっても瑞々しく、ぷりぷりとしたおまんこの具合良さに舌を巻いていた。

やはり、思春期の少女の肉穴は違う。

上から覆い被さって腰を使うと、耳元であん、あんと響く甘い声。
その控えめで、何かを堪えるような調子が、京子らしかった。ぐちゃぐちゃに乱れるまで抱いても、どこか品の良さを残す少女なのだ。

そんな育ちの良い、深窓の令嬢の初物を奪って。
こうして、自分からセックス旅行を誘ってくるところまで、乱してやった。

そう思うと、腰の動きが更に激しくなる。
小さな穴を壊さんばかりの、ずぽずぽという前後運動に、少女の啼き声が高まって、か細い腕が背中に回された。
異性に滅茶苦茶にされて、どうにかなりそうな中で、飛んでいってしまいそうな肉体を繋ぎ止めようと、犯している当の男を抱き締める。
矛盾に満ちた、交わりの抱擁だ。
乙女の粘膜をたっぷりと擦り上げて、活力を得た肉茎が、狭隘の中でびくびくと震え始める。

生殖の前兆に、男を見上げる少女。

そのあどけなさ、無防備さに、黒宮は奪うようにキスをして、そのまま腰を激しく打ち付けた。
どぷ、どぷっと生々しい音がして、かたねりの精液が、砲弾のように撃ち放たれる。

「ん、ふぅ……黒宮さまの、お大事が、びくびくって……熱い、です……」
「くうっ」

小さな穴の奥深くまで子種を流し込むと、黒宮も畳に横たわって、しばらく言葉も交わさず、互いの体温を感じ合う。
セックスの直後は、誰もが静かになる。満たされたような、虚脱したような、不思議な感覚だ。
まるで凪のような時間が、黒宮は嫌いではなかった。

—————————————————————————

しばらくして起き上がると、行為の後始末をする。
畳の上に体液が跳ねていないか確認して、ワンピースと下着は洗濯かごに入れておく。

「……もう、やっぱり。たくさんお洋服を持ってきて、良かったです」
「ははっ、悪いな」

少し拗ねたように唇を尖らせる京子の、頭をわしわしと撫でてやる。
すると、女心は秋の空、泣いたカラスはもう笑って、嬉しそうな顔をして、言うのだった。

「そういうの、ずるいですよ、黒宮さま」

ホームに戻る