巨乳キャラあつめました

button-to-tag-page

背教の銀髪乙女 鏑木イリス(3)

「お願い……もう、やめて……」

熱く硬い肉に穿たれ、どろどろの精を流し込まれるたび、イリスは貞潔が失われ、淫行が自分を汚すように感じた。

「ああ、イリス、俺のイリス……なんて綺麗なんだ」

覆い被さってくる男は、サテュロスのように顔を赤らめて、限りのない欲望で少女を求めてくる。
細い腕はがっしり掴まれ、正常位の体位で、男と顔を向き合わせる姿勢。
ぬちゅ、ぬちゅといやらしい音を立てて、ペニスが出たり入ったりを繰り返すのが、はっきりと見えてしまう。
自分が姦淫する肉なのだと、思い知らされる光景だ。

だがそれ以上に、目を背けたくなるのは。
この汚れた淫行が、確かに儀式となって、効果を現していることだった。
あれ程恐れた悪霊は、もはや弱々しく周囲を漂うだけ。
それも、男が彼女の内部を擦り上げ、肌を愛撫するたびに、小さく、取るに足らない存在になっていく。

イリスはまだ16歳の少女なのだ。どんなに信仰を強く持とうが、その下にいるのは、不条理な呪いで死にかけた、震え怯える女の子に過ぎない。
消え行く悪霊を見て、心に広がるのは安堵。
処女を奪われ、身勝手に犯されながらも、それでも。
今日一日、そしてこれからも、生きていけるのだと。そう確信出来ることが、希少な幸運に感じられてしまう。
その幸運に浸ったら、最後の一線を越えるような気がして、口では罵倒を繰り返した。

「この、冒涜者、悪魔、変態……貴方なんか、地獄に堕ちてしまえばいいんだわ」
「ははっ、イリス、俺は今天国にいるぞ。おまえのおまんこは、本当に、この世の楽園だよ」

黒宮は最低なことを言いながら、腰を前後にぬぷぬぷと動かして、美少女の膣粘膜を味わった。両手を掴んでの正常位セックスには、特別な近さがある。
少女の変化もはっきりと見て取れた。

悲鳴を上げていた顔は、落ち着いて、悪態が付けるくらいには回復したこと。
自分を取り巻いていた悪霊が、まさに消えかかっているのに気付いたのだろう。視線はちらちらと泳いで、そのたびに安堵したような顔をする。
命をつなぐ望みを得て、からだの方も変わっていた。破瓜の後の膣は、段々と男に慣れてゆき、蜜液を分泌して滑りが良くなっている。

そうして花開いた、イリスの女性自身は。
気を抜くと、だらしなく口を開けて浸ってしまうほど、名器だった。

こんな最高の下半身を持った少女が、修道女として一生を過ごそうとするなんて。
なんて勿体無いことを、と怒りにも似た、身勝手な感情が湧き上がる。

(そうよのう。ほれ、もっと腰を振れ、妾の祭司よ。あの憎々しい、磔の小男から、花嫁を寝取ってやれ)
(それはいいけどな。ちゃんとあの悪霊、滅ぼしてくれよ)

一発抜いて落ち着くのは男の性だが、黒宮に神託を出す「それ」も、激昂が収まって、随分と上機嫌になっていた。

(この分なら、朝日が昇る頃には、完全に滅ぶであろうな。
そなたは存分に、この娘を汚し、辱め、精を注いでおれ。後のことは妾に任せよ。
くくっ、しかし、何とまあ。いい気味よ、復讐の味は甘いのう)

「んっ、はぁ……もう、いいでしょ……? 抜いてよ、もう、汚いものを入れないで……」
「俺はイリスに長生きしてほしいからね。ちゃんとお祓いが終わるまでは、続けるよ」
「なにが、お祓いよっ……! あ、また……!」
「おほっ」

どくどくっとペニスが脈打って、少女の胎内にたっぷりと精液を送り込む。
ザーメンがびゅくびゅくと跳ね跳んで、小さな膣内を熱く染め上げていった。

「いやぁ……また、中に……」
「あー気持ちいい……最高だよ、イリス」

射精を終えると、男はイリスに覆い被さってくる。
それを受け止める少女は、無意識に、たくましい背中に腕を回していた。
初めて触れる、男の背中。盛り上がった筋肉の硬さ、熱さに、知らずどきりとしてしまう。
二度目の射精ともなると、黒宮も流石に回復する時間が必要で、ふたりはそのまま言葉もなく、肌を重ね合っていた。

—————————————————————————

「今日のことは、イリスのせいじゃないよ。おまえは何も、気にしなくてもいい」
「ちょっと、それはどういう……」

唐突に耳元で囁かれる、落ち着いた声。
先程まで、バカみたいに口を開けて、下品なことばかり口走っていた男が。低く静かな声音で囁くので、イリスは困惑してしまった。

「おまえは悪辣な背教者に襲われて、脚を開かされた。悪霊が祓われたのは、たまたまで。
おまえの信仰は、何一つ損なわれてない」
「今更、そんな気休めを言うのね。そんなわけが無いでしょう」

少女を犯した肉は、萎れて小さくなったとは言え、まだ体内に埋められたまま。
下腹には夥しい精の、灼けるように熱い感覚が、はっきりと残っている。

「どうしてだ? おまえは一方的に犯されただけで、俺を誘惑したわけじゃないし、純潔と引き換えに悪霊を消してくれと頼んだわけでもない。
それとも何か、後ろ暗いところでもあるのか? ん?」

黒宮の声は、意地悪さを増していく。
少女の体をまさぐって、その肌を火照らせようと、いやらしく愛撫を始める。
埋め込まれたものは、段々と硬さを取り戻してゆき、次の性交の準備を整えていた。

「んっ、そんな、こと……」
「悪霊が消えて安心したんだろ? えっちなことだって、段々気持ち良くなってる。
なあ、それでいいんだよ。まだ子供みたいなもんだ、色々経験して、ちょっと道を踏み外したっていいじゃないか」
「よくもそんな、恥知らずなことを、言えたものね……!」

図星だった。
思春期の、二次性徴を迎えた、健康なからだ。そこに、性魔術の力を含んだ精液を、たっぷりと注がれて。
豊穣を司る神の祭司に、ねぶるような愛撫をされたのだ。
少女のからだは、勝手に感じてしまうし、自然の欲求を抑えるのに必死だった。

愛し合いたい。
この男に滅茶苦茶にされて、気が狂うほど繋がり合って。
そして、生きているという証がほしい。

ずっと死を身近に感じていた肉体が、今や、生命の前に開かれていた。

「自然なことだろ。さあ、せっかく生き延びたんだ、生ってやつを楽しもうじゃないか」
「あんっ、またっ」

むくむくと大きくなったモノが、少女の中を行き来し始める。
甘い痺れが下腹部を疼かせ、腰がもぞもぞとくねってしまう。

「だめ……だめよ……こんなの、いけないわ」

そう言いながら、腕は誘惑者の背中を抱き。
細い脚は、犯す男の腰に絡みついて、繋がりを深める。
うわ言のように、拒絶の言葉を繰り返しながら、少女は思った。

こんなことを繰り返したら、自分はどうなってしまうのだろう。

ペニスがゆっくりと抜き差しされて、いやらしい水音が部屋に響く。
それが散々吐き出された精液の音か、少女の蜜液の立てる音か、もうふたりには判別出来なくなっていた。
夜は長く、交わりの終わりは、まだ見えない。

ホームに戻る