巨乳キャラあつめました

button-to-tag-page

神へと捧げる茶番劇(2)

「ふん、水科香織ね。アンタみたいなぶりっ子は、絶対化けの皮を剥がしてやるわっ!」

それは収録直前のことだった。
香織を中心に、ぞろぞろと廊下を歩いていた黒宮たちは、件の占い師、関谷花子とバッタリ遭遇し。
特に何かしたわけでもなく、いきなり喧嘩を売られたのである。

「はっ、いきなりご挨拶だな」

そして黒宮は気が短い。
腕組みして、威圧感をむき出しに前に出る。

「ん……? アンタは、どこかで見た顔ね?」
「黒宮恭一。特別アドバイザーなんてのをやってる」
「……ああ、最近話題の。ふん、どうせこの男に尻を振って、出演を取ったんでしょう」

関谷の敵意は、一貫して香織に向いているようだった。
美味しく頂いたのは俺の方だ、と言いかけて、黒宮は慌てて口を噤む。
そこに声を上げたのは、珍しく怒り心頭になった京子である。

「無礼な方ですね。人に対しては、最低限の礼儀というものがありますよ。恥を知りなさい」
「ふん、誰かと思えば小娘ね。大人に意見するのは、大人になってからになさい」
「大人? あら、わたくしの目の前には、誰か大人の方がいるのでしょうか?
人としても、占い師としても、未熟な方ならおられるようですけれど」
「なんですって、この、罰当たりめっ……!」

露骨に挑発されては、黙ってもいられないのか。
そう、京子に食ってかかろうとした関谷だが、続いて出てきたのは銀髪の修道女、鏑木イリス。
最も喧嘩っ早く、最も苛烈で、最もどぎつい信念の持ち主である。

「ふん、占い師風情が笑わせるわね。罰が下るのは貴方のほうよ。
貴方のような詐欺師どもの仲間が、神の罰を騙るとは、怒りを通り越して呆れてしまうわ。
やれるものなら私に罰とやらを当ててみなさい。
偽預言者どもを、この私が恐れると思ったら大間違いよ」

「……ちょ、ちょっと、この子何よ。随分危ない感じだけど」

さあ喧嘩をするぞ。
やる気満々に出てきたイリスを見て、流石の関谷も引いているようだった。
無理もない。イリスの瞳は爛々と輝き、さあ戦おう、いくらでも議論をしよう、夜明けまででも論駁してやる、という意志がありありと見える。

「まあいいわ。番組では、見てなさいよ!」

そう捨て台詞を残し、香織の方を睨みつけて、ドカドカと音を立てて去っていく。
イリスは肩透かしを食った顔で、物足りなそうだ。
京子はぷりぷりと怒っていて、常識人組の水樹と香織は、さっそくのバトルに頭を抱えている。

が、黒宮と恋は、互いに目を見合わせ、小さな声で囁きあった。

「(ね、黒宮さん……最後の、見えた? イリスちゃんは、そもそも見てなかったみたいだけど)」
「(……俺には見えた。ほんの一瞬、ちょっとだけだったけどな。確かに、見えた)」

そう。
それはほんの一瞬、僅かにだけ顔を出して、すぐに消えた。
論駁に頭がいっぱいのイリスは見逃していたが、もし注意を払っていたら、彼女も「それ」を目にしただろう。
睨みつける彼女の目には、うっすらとだが、黒い靄が滲み出ていたのだ。

—————————————————————————

「最近の風紀の乱れは、目に余るわ。不倫、不倫、また不倫! 一体どうなってるのかしら!」

収録が始まると、関谷はいつも通りに吠え始めた。
キャストたちが、最近起きた出来事を喋り始める。
やれ、あの人の不倫騒動は意外だった、もっと真面目な人だと思っていたのに、云々。
お互い、いい大人なのに、世間ことは考えなかったのか、云々と。

そんなお喋りの中、香織はいつもより言葉少なめに、関谷のことを見つめていた。

正直、苦手な相手だ。
自分に、理由もなく敵意を向けてくる相手は、もちろん、怖い。

ただ、もう以前よりは怖くない、とも思う。

カメラの向こう、ギャラリーの中には、腕組みをした黒宮に、珍しく怒り顔の京子、不敵に笑うイリスがいる。
横には、忙しそうに本のページをめくる恋と、手伝わされているのか、わたわたと本を探しては手渡す水樹もいた。

自分も負けていられない、と気合を入れたところで、関谷がにやりと笑うのが目に入った。

「ちょっと、アンタも関係なさそうに言ってるけどね。メイクの子と、遊んでるでしょう?」

そう言われたのは、香織の横に座る中年の男性で、そこそこ有名な俳優である。
彼は面白いように目を白黒させた。

「え、ちょっと、いきなり何を」
「分かるのよ。アタシにはお見通しだわ。離婚して半年だっけ? 手のお早いことね!」
「じょ、冗談きついなあ、勘弁して下さいよ……」

そう頭を掻いて誤魔化そうとする男だが、あまりにも図星な反応だった。
悪いことに、生放送である。視聴者には、「これ絶対クロだ」という印象がはっきりと焼き付いただろう。
他の出演者は苦笑いして、場を取り繕うしかない。

だが香織は、我慢できずに本音を言ってしまった。

「人のプライベートを、根拠もなしにあれこれ言うのは、感心しませんね」

あのイリスの喧嘩腰に、少しは影響されてしまったのかもしれない。

「あら。アンタ、かばうつもり? ひょっとして同類かしら?」
「そう思う根拠は何ですか? 占いでそう思った、と仰るなら、随分都合のいい占いなんですね」
「言ってくれるわね、じゃあ占ってやるわよ。洗いざらい言ってやるから、せいぜい覚悟するのね」
「お好きにどうぞ」

関谷がぎょろりと、悪意に満ちた視線を向けてくる。
香織は黒宮がするように、腕を組んで不敵に見つめ返してやった。
ただ、黒宮は男性で、香織は女性、それも巨乳美人である。
たわわな実りがぷるんと弾み、視聴者はそれに目が釘付けになっていた。

だから。
その変化に気付くのが、カメラマンも含めて、一瞬遅れたのだ。

「……ひっ!」

突然、何かが目の前に現れでもしたかのように。
関谷が大きくのけぞり、隠しきれない恐怖を顔に貼り付けて、後ろに下がる。

「え、関谷さん、ちょっと……」
「おい、どうした、誰か……」

スタジオのスタッフが騒然となる。

「ぎゃあっ!」

関谷は椅子から転げ落ち、這いずるように後ろへ逃げたかと思うと、そのままぐるりと目を回し、気絶してしまう。

放送事故だ。

「救急車を呼んでくださいっ!」

真っ先にそう叫んだのは香織。
スタッフがパニックになる中、冷静に立ち上がり、的確に指示を飛ばす。

「誰か、AEDを持って来てください! それと、心肺蘇生の訓練を受けた人はっ!?」
「あたし、出来るよ」

あっけらかんと手を出すのは、他でもない、夏木恋である。
黒宮は「えっ?」という顔で彼女を見るが、特に思うところもないようで、スタスタ舞台に上がっていく。

「大丈夫ですか? 大丈夫ですか?」
「う、ううっ……」

トントンと肩を叩き、脈をとる。
そうして、少しほっとしたように、

「脈もあるし、反応もある。脳卒中かも知れないから、救急隊が来るまで、このまま動かさずに安静にして」

そう、落ち着いて喋る恋に、誰もが一息つく。
そして思い出したように、スタッフの誰かが叫んだ。

「し、CM入りますっ!」

ドタバタと人が走り回り、CMの間にスタジオを移動する。
そんな中、黒宮は頭を抱えていた。

(おいおい、今、でかい蛇が見えたぞ。なんだありゃ……)

ホームに戻る