巨乳キャラあつめました

button-to-tag-page

生命の海、生命のダンス(3)

「ふー、ふーっ……」
「んんっ」

ぐぽっと音を立て、香織の肢体からペニスを引き抜く。
黒宮の形に広げられた穴から、とろりと精液がこぼれ落ち、太ももを伝って流れていく。
こんなに出しても、まだ、足りない。
下腹部に燃えるような熱を感じつつ、黒宮は後ろを振り返った。
そこには都合良く、自分で股間を弄って、順番待ちをする雌が一匹。

「はあっ、はぁっ、んふぅっ……!」

元アイドルの美人秘書。
現役時代よりも実りを膨らませ、より女としての魅力を増したボディライン。
性を感じさせない、白のセパレート水着を選んでも、その下に息づく肉体は、強烈なまでに異性を感じさせる。
それが今は、自分で股に手を入れて、熱い吐息を漏らしながら自慰をしているのだ。

黒宮のモノは、出したばかりだというのに、雄々しくそそり立っていた。

「水樹」
「黒宮、様……」

ぺたんと座り込んで、何かにせき立てられるように陰部をまさぐっていた水樹は、上気した顔で男を見上げた。
別な女を抱いたばかりの男。股ぐらにそびえ立つグロテスクなモノは、男女の体液の混合物で、てらてらと光っている。
切なく眉根を寄せ、クールな美貌を性欲に乱して、金魚のように口を開いて「ソレ」を求める彼女。
もう言葉も必要で無く、黒宮はずんずんと近付いて、いきり立ったモノを鼻先に突き付ける。

「はむっ……ちゅぅ、ちゅっ……んふぅ……」

生々しい性臭に満ちた肉根を、熱に浮かされたようにくわえ込んで、おしゃぶりを始める水樹。はしたなく口を窄めて、じゅる、じゅるっと猥雑な音を立て、男の竿が気持ち良くなるよう、懸命に奉仕する。
口いっぱいに広がる、精液の生臭い味。肉竿のしょっぱさ。早くも滴り始めた、先走りのえぐみ。
そうしたもの全てが、どうしてか、美女の陰部を熱く濡らし、下腹部を疼かせた。

陰茎に下を絡ませ、亀頭をペロペロ舐めるたび、その形が脳裏に浮かぶ。それが、疼いて疼いてたまらない、自分のヴァギナに入れられたら、と欲してしまう。

黒宮と同じように、水樹もまた、異性の肉の虜となっていた。

「もういい」
「ふぁっ……」

パーマをかけた髪の毛を強引に掴まれ、ペニスから唇が離れてしまう。
どうして、なんで、と捨てられた子猫のように上目遣いで見上げてみれば、そこにはもう、我慢出来ないという男の顔が。

「やるぞ」
「あんっ」

洞窟の地面は砂地になっている。
そこに花やぐ肢体を押し倒され、乱暴な手が水着をむしり取っていく。
頬を真っ赤に染めて、水樹は自分から股を開いた。はしたなくもOの字に、男がすぐにでも飛び込めるように。
陰唇が自然と左右に開き、とろとろになってうねる膣口が、ピンクの内部をさらけ出している。
男の下になって、女性の全てをさらけ出した水樹は、食べられるのを待つばかりの状態で。
黒宮は焦らすこと無く、覆い被さって一思いに貫いてやった。

「んはああっ!」

ずぷりと嵌まり込んだペニス。女の肉体の奥深くを、一気に貫かれて、悲鳴のような啼き声が迸る。
だが、その表情を見れば──普段は冷たさすら感じる美貌が、眦を垂らし、だらしなく口を開いて、肉の悦びに震えるのを見れば──勘違いしようがない。
犯され、喜ぶメスの嬌声だった。

「どうだ、これが欲しかったのか? 言ってみろよ、水樹」
「ああんっ、はい、黒宮様のペニスを挿れて欲しくて、ずっと我慢してたのっ……! 欲しかった、ずっと、男の人が欲しかったです……!」

滅茶苦茶に乱れて、自分でも正体が分からなくなって、それでも水樹は笑ってしまう。
やっと、自分の中に迎え入れた、熱くて固い男のモノ。
それがビクビク震えて、気持ち良さそうに動くのが、手に取るように分かる。

「よく言えたな、偉いぞ、水樹」
「嬉しい……んふっ、あんっ」

柔らかな砂地の上では、激しく腰を打ち付けることは出来ない。
代わりに黒宮は、円を描くように腰を動かし、蕩ける蜜穴を棒で掻き回すようにした。
デリケートな粘膜を、立体的な動きで擦り上げ、摩擦して、自分の存在を刻み付けていく。

いい匂いのする女体に覆い被さり、密着して、腰だけをくねらせての生殖活動。
砂地の上での青姦は、原始に帰って行くようで、頭の中が単純になっていく。

「ああ、そこ、気持ちいいですっ……もっとして、ああっ」
「抱き心地のいいカラダしてるな、水樹は」

胸板の下で潰れる乳房の柔らかさ。
耳元に吹きかけられる熱い吐息。切ない嬌声。
オスを求めて、情熱的に絡み付いてくる膣肉の、何という複雑な動き。
まるで別の生き物のように、きつく締め付けたかと思えば、奥へ奥へ誘導するように蠢いて、子種を得ようと。

身もだえ、震えて、絡み付いてくる女の肉。暴かれ、開かれ、差し出された極上の媚肉を、黒宮は貪るように味わった。
ぴったり重なり合った結合部は、ぬちゅぬちゅと水音を立てて、ふたりの興奮の高まりを教えてくれる。

「水樹は、こんなにいやらしかったんだな。清楚な水着を選んでたのに、中身がこんなにエロいんじゃ、意味ないぞ」
「んんっ、だって、こんなにされたら……! はぁんっ!」
「ご褒美だ、今度は下の口で男を味わってもらうぞっ」
「あ、ピクピク跳ねて、私の中……! 来て、熱いの、中に来てっ!」

ぶぴゅっ、びゅるるるっ

男の腰で熱せられた、焼けるような白濁が、裸の美女に容赦なく流し込まれていく。組み伏せられ、跨がられ、下半身に蓋をするように密着されて、オスの遺伝子を注ぎ込まれる。
美人秘書は、普段の理知的な顔の面影も無く、とろんと顔を崩して、うっとりと射精を受け入れた。とく、とくっとペニスが脈打ち、胎に種子を射たれるたび、ゾクゾクと背筋が震え、薄暗い悦びが胸に広がる。

「黒宮、様……」

なおも蠢き、種を植え付ける腰に脚を絡ませ、男の首にすがりついて、うっとりと甘く囁いた。
自分に子を宿そうとするオスの名前を、たっぷりの情愛を込めて。

ホームに戻る