巨乳キャラあつめました

button-to-tag-page

渦潮を間近にして(2)

「駄目よ、やめて……今日は、本当に駄目なのよ……んっ」
「何だ、今さらだろ? 俺のほうはもう火が点いてるんだ、諦めろよ」

連れ込んだ部屋で、イリスのからだを抱きしめると、弱点の首筋を舐めてやる。
そうやって抵抗を封じながら、黒宮は手慣れた手つきで、女子制服を脱がしてゆく。
清楚な白のブレザーに青いスカートという組み合わせは、いかにも女学園らしいチョイス。
この制服を数え切れないくらい脱がして、数多の乙女の初めてを奪ってきた。
イリスはあっという間に、裸に剥かれてしまった。

「抱くぞ」
「ああ……」

寝室に設えられたベッドは、ワインレッドの艶めかしいシーツが敷かれている。
赤は命の色だ。娘が女になる破瓜の色、生殖能力を示す月経の色、そして子を産む誕生の色。
そんなシーツの海に投げ出されたイリスは、透き通るような白い肌。
赤と白のコントラストは、ゾクリとするほど蠱惑的で、男の情欲を煽り立てる。

「どうせ止まる気は無いでしょうし、言っておくけれど。私、今、ピルを飲んでいないの」
「おや? なんだ、そういうつもりだったのか?」
「違うわよ! せ、生理不順が治ったから、薬を飲まなくても良くなったの。変な風に取らないで、この背教者」
「ああ、分かった分かった。別におまえに他意は無いだろうさ。だが……」

——それで、男が止まると思ったか?

そう、耳元で囁いてやると、イリスの全身がゾクゾク震える。
黒宮は生意気な唇を自分のそれで塞いでやり、ベッドに少女を組み伏せた
手をわきわき動かすと、絹のようにきめ細やかな肌を撫で回し、貪欲な指を思うがままに滑らせる。
悩ましい腰の曲線を滑り、柔らかで暖かな尻の間を通って、彼女の急所、女の中心部にやって来た。
硬い指が割れ目をなぞると、イリスの心から、最後の抵抗心が溶けていく。
彼女のからだは、心より先に開かれていた。

「こっちはもう、トロトロじゃないか。我慢するなよ、俺のが欲しいんだろ? 最近ご無沙汰だったからな、奥までしっかり埋め込んでやる」
「やぁ、んんっ! 駄目、入って、来ないで……ああんっ!」

口では拒否しても、股は開いて、腕は縋り付いてくる。
ずぷずぷ、ぬちゅぬちゅと、卑猥な音を響かせて、正常位で繋がり合えば、その口からも甘ったるい嬌声が迸った。

「んんーーーーっ!」
「ほら、奥までしっかり入ったぞ。赤ちゃんの部屋、ノックしてるのが分かるか?」
「あっ、いやっ、駄目! コツコツ、しないで……!」
「ははっ、イリスはここが弱いんだよな。安心しろ、今日は失神するまで愛してやるよ」

正常位には、「宣教師の体位」という渾名がある。カトリックお墨付きの性交体位だったからだ。
かつては修道女を目指し、生涯の純潔を誓っていた娘を、こうして組み伏せ、教え通りの体位で種付けをする。
悪辣な喜びに、唇が思わず釣り上がってしまう。

以前は、学生を孕ませるとマズいと、アフターピルやら何やら用意していた黒宮だが。
ここ最近は、もうどうでも良くなっていた。むしろ、もっと女を孕ませたい。自分の子どもを産ませたいという欲望が、日増しに強まっている。

「イリス、おまえは本当に綺麗だな」
「……どうせ、抱いた女全員に、同じ事を言っているんでしょう?」
「おっと図星か。だが、俺は毎回本気で言ってるんだ。それに……おまえは本当、妖精みたいに綺麗だ」

地上に落ちた星のような、輝く銀髪。雪のように白く、きめ細やかな肌。華奢だが、女性的な曲線を持つ肉体。
鏑木イリスは、世にも稀な美少女だ。
存在そのものが幻想的で、血と肉で出来ているのが不思議なほど。
そんな少女と、全裸で繋がり合っているのだ。黒宮の口も、軽くなると言うもの。

「妖精、だなんて……歯が浮くような台詞を言うのね、誘惑者……あんっ!」
「そう聞こえたんなら、万々歳だな。ああ、くそっ、本当に堪らないぞ……!」

じゅぷじゅぷ湿った音を立て、乙女のヴァギナが汚らわしい男根にかき回される。
ねっとりした先走りが膣になすり付けられ、亀頭が柔肉を抉り込み、神聖な秘所を汚し尽くし、我が物とする。
幾度となく繰り返されてきた、異性による征服劇。男の手が乳房を掴み、力強く握りしめて、荒々しく腰を使う。
肉と肉がぶつかり合う音。
ふたつの性が、肉の軛に嵌められて、絡み合い、繋がり合って、一つの肉へと変化する儀式。

「ああっ、んん……駄目よ、こんなの……ふぅ、ふぁ、あああっ!」

いつしか、白い指が真紅のシーツを握りしめていた。
男の腰が容赦なく振り下ろされて、杭を打つように胎内へ打ち込まれるたび、けだものに帰ったような嬌声が迸る。
白く幻想的な裸体には、生々しい汗が浮かび、全身が弓なりにしなるたび、きらきらと宙に舞った。
まるで、空に浮かぶ月が、地上に引きずり下ろされたような光景だ。

「ふぁ、ああんっ、駄目、駄目ぇっ! やんっ、んんーーっ!」
「イリス、イリス! 俺のモノになれ、イリス!」

犯す男も、野獣へと帰っていた。
もはや食欲か性欲かも分からず、唾液でいっぱいの口を開いて、白いうなじを舐め回す。
百合のような首筋にきつく吸い付き、地に堕ちた月に、地を這うモノの痕を残していく。
それだけではない。
この夢のような娘の胎に、自分の種を残せたら、それはもう——
「ほらっ、妖精さんのお腹に、冴えない男の精液を、たっぷり注ぎ込んでやるっ! 孕め、孕めよ、イリス!」
「ああーー!」

乳房を握りしめたまま、ドクドクと熱い精を注ぎ込む。
どぴゅ、どぴゅっと汚らしい排泄音が鳴るのを、黒宮もイリスも、はっきりと感じ取った。
生殖、この悪魔の発明。楽園で蛇に与えられた、卑しい施しものである果実。
その終着点にあって、ふたりは腰の溶け合うような快楽を分かち合っていた。

「貴方、変わったわ……」
「そうか?」

行為を終えて、それでも互いの性器は繋がったままで、息を整えながら話し出す。
しっとり濡れた銀髪を撫でながら、黒宮は甘い余韻を味わっていた。
「ええ……元から貴方は、女を抱くとき、ひどく強引になるでしょう。けれど、終わったら、すぐに理性を戻していたわ。アフターピルだの何だの用意してね。
でも今は——積極的に、子どもを作ろうとしてる」
「……まあ、確かに、そうだ」
「私は今でも、たとえ堕落しても、カトリックの教えが染み付いているわ。出来てしまったら、産むしかないのよ。分かってる?」
「分かってるさ。どうせこっちの神様だって、そこは同意見だろうとも——堕ろすだの、流すだの、そういうのはナシだ」
「あっ……」

ハッキリ言い切ってやった瞬間、イリスの膣がキュンとうねった。
下の口は上の口より素直なようで、嬉しそうに男根をくわえ込み、締め付けて、お情けをねだってくる。
一度出して半勃ちになっていたペニスには、ちょうどいい刺激だった。

「今のが返事か、ん? もっと元気になって、いっぱい子種を出して下さいって事だろ?」
「勝手なこと、言わないで……あ、んんっ! 嘘、こんなにすぐ大きくなるなんて……!」

自分の内部で大きく膨れあがる力に、イリスは思わず身震いした。
まるで炎が形を持ち、固さを持って、体内で暴れているよう。
体内で力を増す異物を、悍ましく思う自分が、かつてはいたはずなのに。

今の彼女は、その熱を欲している。
膨れあがっていく性器が、どうしてか、愛らしいものに感じられてしまう。
そして灼かれた下腹部は、熱に溶けて、甘く疼くのだ。

「んっ……!」
「ふぅ。こりゃ今夜は、際限が無くなりそうだな」
「この……莫迦……」

男の首に縋り付き、おねだりをするようにキスをする。
彼が目を白黒させるのが楽しくて、何度も啄むように口付けを繰り返す。

倒れ込んできた男に抱き付き、しがみついて、イリスは思う。

これは、渦潮だ。

全てを巻き込み、流して飲み込んで、どこか知らない場所へ連れて行く。
イリスは全てを、なすがままに任せることにした。
そして渦潮が、彼女をどこかへと連れて行く。知らない場所へ。

ホームに戻る