巨乳キャラあつめました

button-to-tag-page

真夏の残照(1)

「夏祭り、行きませんか?」

そう、唐突に切り出されて、黒宮はぽかんと口を開けてしまった。
話を持ち出したのは、神無月京子。
家元女子高生として有名な、黒髪ロングの美少女だ。

「……夏祭り?」
「ええ、夏祭りです」

黒宮は長いこと、華やかなイベント事とは縁遠い人生を送ってきた。
奇妙な力を手に入れ、女神の祭司となってからは、淫らな色に染まった人生を送っている。
しかし、それでも。
「……柄じゃないけどな。ま、いいか」
「ふふっ、やりましたっ。わたくし、おめかしして参りますね」

ぎゅっと拳を握り、嬉しそうに微笑む女の子と、夏祭り。
それは彼にとって、どうも実感の湧かない話だった。

実感は湧かずとも、日程は進んで、その日はすぐにやって来る。
祭りの夕方、京子の屋敷に車を走らせれば、待ちかねたように出迎える、浴衣姿の女学生。

「お待ちしていました、黒宮さまっ」
「お、おう……」

白と藍色の縞模様。そこに百合の花があしらわれた、見事な浴衣だ。
間違いなく今日のために用意したのだろう。
結い上げた髪には、花のかんざし。
「その……如何でしょうか。似合っていれば、いいのですが……」
「似合ってる。これ以上ないくらいバッチリだよ、京子ちゃん」

思わず本音が口を突いて出た。
黒宮にしては珍しく、ぼうっと少女の顔を眺めてしまうくらいには、美しい立ち姿だ。
もう絶滅危惧種の、絵に描いたような大和撫子。
日頃から、美人も美少女も侍らせているが、こんな古風な乙女は、神無月京子をおいて他にない。

「それじゃ、行くか」
「はいっ」

ぶっきらぼうに手を出すと、喜んでそれを握る少女。
こうして、浴衣JKと連れ立って、黒宮は夏祭りに出かけるのだった。

「わぁ……人がいっぱいですね」
「そりゃそうだ、祭りだからな」

街外れ、小さな山の麓にある広場は、今日に限ってごった返している。
夏祭り。
地元の学生やら、休みの社会人やらが集まって、賑やかなことこの上ない。
正直、黒宮としては場違いな気持ちでいっぱいだったが、

「綿あめです。一度食べてみたかったんです!」
「そ、そうか」

自分以上にハイテンションな京子を見て、逆に落ち着いた。
それに、賭けてもいいが、今この場に、京子以上に浴衣の似合う美少女はいない。
そんな彼女と腕組みして歩いているのだから、少なからず優越感がくすぐられる。

「黒宮さまも、どうですか?」
「おお」

一つの綿あめを、ふたりで分け合う。
どこから見ても、カップルにしか見えない行動だ。

「わたくし、今まで、こういうお祭りには来たことがなかったんです」
「……随分興奮してるし、そうなんだろうなと思ったけどな。正直、意外だぞ。京子ちゃんくらい、浴衣の似合う子はいないからな」
「もう、お上手なんですから……わたくし、今までお花のことばっかりで。こういうことを、全く経験してこなかったんです。
恋さんが、よく遊びに連れ出して下さいますけど、きっと……人並みに、普通の女の子みたいに遊んでみたら、と。そう、背中を押して下さっているのかも知れません」
「まあ、あいつの言いそうなことではあるな」

とはいえ、恋のやることだ。単に面白いからそうしている、というオチもありそうだった。
「その恋さんも、黒宮さまの赤ちゃんを育んでいますね」
「あ、ああ」
「わたくし、ほんとうに羨ましいんですよ? 恋さん、香織さん、水樹さん、それに静香さん……皆様、大人の女性ですから、お子を作られるのは分かります。けれど、わたくしだって、黒宮さまのこと……」

お慕いしていますのに。

そう、耳元に囁かれ、黒宮は思わずドキリとする。
可憐で、純真で、可愛らしいばかりと思っていた京子。
それが、祭りの灯りに照らされて——ひどく大人びた色香を漂わせているのだ。
顔立ちも体つきも、まだまだ少女のそれだというのに。
「京子ちゃん」
「んっ……」

そっと肩を抱き寄せ、艶やかな唇を奪う。
人混みの中だ。
すぐに離して、また、元通りに雑踏を歩き出すが。

「黒宮、さま……」

唇に指を当て、頬を赤らめる少女の顔は、もう、元には戻らない。
ほう、とため息のように吐かれる吐息は、情欲に湿っている。

「やれやれ。京子ちゃんは、まだまだ子どもだって思ってたんだけどな」
「意地悪ですよ、黒宮さま。わたくしを……女になさったのは、ご自分ですのに」

きゅっと腕を抱きしめて、恋する男の耳だけに届くよう、小さく、熱っぽく囁く京子。
まだ発育を続けているバストが、浴衣の上からむにゅりと押し付けられる。
その妙に生々しい感触に、黒宮は驚いた。瑞々しい乳房が、着物の下で、ずいぶん自由に動いている。

「ねえ、京子ちゃん。もしかして……ノーブラで来た?」
「どうでしょうか? 黒宮さま、気になるようでしたら……確かめて見ませんか?」

クスリと笑う女子高生には、少女から大人に変わりゆく途中の、アンバランスな色気があって。
黒宮は思わず、ゴクリと喉を鳴らしてしまうのだった。

ホームに戻る