巨乳キャラあつめました

button-to-tag-page

二日目:ロリサキュバス2

露になった幼い身体。
なだらかに膨らんだ胸の頂点には、可愛らしいサクランボがぷっくりと。ロリビッチのくせに、今すぐむしゃぶりつきたくなってしまう。

「ナユは見てな。アタシがお手本見せてやっから」

惜しげもなく裸体を晒したミーアは、そう言って俺の膝に跨ってきた。
どうやらロリビッチが先にお相手してくれるらしい。俺としてはナユの方が好みなんだけど、ロリビッチも悪くない。ワカラセてやりたくなる。

「少しは楽しませてよ? お兄さん♪」

挑発的に言った少女は俺の首に腕を回し、それを支えに腰を持ち上げた。ふりふりと動く小ぶりなお尻。それを掴んで補助してやる。

「ん、そこ。いいよ? そのまま挿入

れて」

言われた通り掴んだ尻をそのまま引き寄せると、いきり起った肉棒の先端にぬちゅっと柔らかな膣口が押し当てられた。
背筋がゾクゾクする。これからこの小さな少女にチンポを捻じ込むのかと思うと、それだけで精液が増産されるようだ。

――にゅ……ちゅぅぅぅ……っ

「んおぉぉ……っ!」

味わうように、ゆっくりと挿入した。見た目通り狭い膣道を、ぐにゅりと肉棒が押し広げていく。
ミーアの中はぎゅうぎゅうで、媚肉がチンポをみっちりと抱き締めてきた。それだけでも気持ち良いのに、少女は自分の意思で膣肉を動かせるらしい。
ぐにゅぐにゅ、ぬちゅぬちゅ……。咀嚼するようにうねる膣壁。凄まじく気持ち良い。

「お顔、とろ~んと蕩けちゃったねー? ほら、ナユも見てみ? これが感じまくってる男の顔だよ」

ベッドに腰掛け対面座位でミーアと繋がった俺の横に、ナユが寄り添ってきた。下着は付けたままだが、上着は脱いだらしい。水色のブラに包まれた膨らみかけが、そっと腕に押し付けられる。

「お兄さん、とっても気持ち良さそうです……」

至近距離で見詰めてくる黒い瞳は、俺の様子に欲情しているようだ。目元をだらしなく緩めたナユは、はぁはぁと温かい息を吐き出していた。
ミーアと繋がりながら、俺もナユを見つめる。すると我慢出来なくなったように、ナユが俺の頬に手を添え……ちゅぅ。唇を貪ってきた。

「にひっ♪ サキュバスの本能ビンビンに刺激されちゃった? お兄さん、ヤバイかもねー」

「え?」

「初めてえっちするサキュバスって加減が分からないからさー。吸い殺すまで止まんないよ?」

え? マジで?
もう初めてを頂く約束しちゃってんだけど。

内心焦ってる間も、ナユはペロペロと俺の唇を舐め回している。完全に発情状態。目の奥にハートマークが見えそうなほど。
でも、めっちゃ可愛い。一心不乱にキスしながら身体をモジモジ擦り付けてきてるの、凄くエロくて興奮する。こんな可愛いサキュバスになら、吸い殺されてもいいかな? なんて思っちゃう。

「ま、その前にアタシが吸い殺すかもしんないけどな」

小悪魔チックに笑ったミーアが、ぐりゅんと腰を回した。くちゅっと聞こえる水音。挿入したままの肉棒がミーアの中で振り回され、膣壁のあちこちに無理やり擦り付けさせられる。

「んむぅ……っ!」

縦横無尽の快感に、思わず呻き声が漏れた。しかしその声すらも、ナユに貪り喰われてしまう。

「さて。んじゃ本格的に動くから。あんま早く出してナユに呆れらんないよーに、せいぜい頑張れよ? お兄さん♪」

――ずちゅんずちゅんずちゅんずちゅん……っ

「んんんぅぅぅ……っ!!」

駅弁に近い体勢で始まったミーアの腰振り。締まりの良い小さなお尻が、卑猥な水音を伴って俺の腰に何度もぶつかる。
肉と肉、粘液と粘液が擦れ合う激しい摩擦は、気持ち良さがハンパない。早くもチンポがビクビク快感に打ち震えた。

こんなの保たないっ!
すぐイッちまうっ!

「どぉ? アタシのおまんこ、気持ち良いっしょ?」

気持ち良いなんてもんじゃない。
振り子を思わせる動きでパンパン腰を打ちつけられるたび、脳が快楽一色に染まっていくようだ。

「お兄さぁん……ちゅっ、れろぉ……、感じてるお兄さんの顔……んぅ……好きぃ……っ」

ナユはナユで蕩けまくってる。俺と舌を絡ませ合いながら、自分の股へと手を伸ばしていた。
モジモジと擦り合わせる白い太ももの奥。くちゅくちゅと、少女の興奮を示す音が聞こえてきている。

ミーアだけでもヤバイってのに、横にはキスを強請りながら自慰に耽る美少女だ。完全にオーバーキル。こんな状況、射精を堪えられるわけがない。

「んぐぅ……っ、ダメだ……っ、射精

る……っ! ミーアっ! 抜いてくれっ!」

「えー? なんでー?」

このままじゃ中出ししちまうっ!
焦る俺と対照的に、ミーアの腰が激しさを増した。

――ずちゅずちゅずちゅずちゅっ!

ビラビラを捲りあがらせる勢いで、激しくチンポが抽挿される。しかも身体の小さいミーア。チンポが一番奥まで飲み込まれると先端がぷちゅっと何かに当たり、あまりの快感に脳まで痺れた。
子宮口。そんな言葉が頭を過ぎり、ますます俺は焦ってしまう。

「ダメだってっ! 早く抜いてくれっ!」

「ヤだよー♪ そんなに中出ししたくないなら我慢すればいーじゃん♪」

容赦ない腰振りで俺を責め立てるミーア。ぎゅっと膣を締め付けて、精液を無理やり搾り出そうとしてくる。
みっちり隙間なく密着してきた少女の媚肉。チンポに吸い付いてくるみたいで正直たまらない。

「ほらほらー。イきそうなんでしょ? 出しちゃいなよロリコンお兄さん♪ 小っちゃい女の子に精液搾り取られてパパになっちゃえ♪」

勢いをつけたミーアの尻が、ぱちゅんと俺の腰にぶつかった。少女の奥の奥にまで呑み込まれ、電撃のような快感が腰から背骨まで突き抜けてしまう。

「ほらっ! イッちゃえ♪」

それがトドメになった。
我慢の限界をやすやす突破した快感が腰の奥で爆ぜ、尿道を駆け上がった精液がミーアの膣内
なか
へと吸い出されるように放出されたのだ。

――どびゅぅっ、びゅっ、びゅくぅっ、びゅるぅぅ……っ

凄まじい開放感。首を仰け反り、ビクンビクンと腰を震わせる。
まるで最後の一滴まで出し切るように。

「あーあ。イッちゃったねー。あっついの、お腹の中にきてるの感じるよ? にひひ♪」

あっ! そうだった!
ミーアの言葉で、一気に現実へと引き戻された。

ヤバイ。中出しした。しかもかなりの量。妊娠確実の種付け射精だ。

「ふふ。大丈夫ですよ、お兄さん。ナユたちはサキュバスですから」

「あー、もうっ! 簡単にバラしちゃダメじゃんっ!」

え? そうなの?
サキュバスなら中出しOK?
思いっきり子宮口に射精しちゃったんだけど。

「それ子宮じゃねーから。搾精孔っていって、男の精を取り込むための器官。ま、サキュバス独特のもんだから知らなくて当たり前だけどさ」

マジか。
それなら中出しし放題じゃん。やっぱサイコーな、サキュバスってば。

「うーわ……。お兄さん調子良すぎっしょ。中出ししても大丈夫って分かった途端、アタシん中でもう硬さを取り戻してきてんじゃん。なんならもっかいシとく?」

ミーアの言葉に、俺は一も二もなく頷いた。
だってこんなチャンス二度とないから。小さな少女に無制限中出し。今日で一生分の射精をしても後悔はない。

「素直だねー。んじゃお望み通り搾ってやんよ♪」

すぐさまミーアの腰振りが再開される。イッたばかりなのに色褪せない気持ち良さ。賢者タイム知らずだ。
すると隣で、ナユが頬を膨らませているのが見えた。

「むー……。お兄さん、ナユのこと忘れちゃったんですか……?」

「あ、違っ、そうじゃなくて……っ!」

「もういいですっ。その代わり、ナユのことも気持ち良くしてくださいっ」

ちょっと怒り気味のナユはそう言って立ち上がると、スルスルっとショーツを下ろしてしまった。そしてベッドに立ったまま、俺の顔を跨いできたのだ。
俺は仰け反るような体勢。ベッドに両手をつき、上を見上げる。

「舐めて……くれますよね?」

すると顔の上に、無毛の縦スジがあった。さっきまで自分でイジッていたからか、ピンク色の具はぬらぬらとてかりを帯びている。
とてつもなく魅惑的な光景だ。パイパンが少女の幼さを象徴していて、背徳的な興奮を呼び起こす。

――じゅるるるるぅぅ……っ

「んあぁっ!? お、お兄さんっ! いきなりっ、激し……っ!!」

迷う事無くむしゃぶりついた。ナユの股に顔を埋め込み、ベロベロと少女のおまんこを舐めあげる。
突然のことにナユは俺の髪の毛を掴んできたが、それでも止めない。鼻が割れ目に埋まり呼吸がし辛くても、クンニを続行。

「ふあぁぁっ! ナユの……大事なトコ……っ! お兄さんに……んんんぅ……っ、舐められちゃってる……っ!」

ナユの嬌声が心地良い。自分が少女を感じさせてるのだと思うと、もっともっとシてやりたくなる。
それに、舐めれば舐めるほど溢れてくるナユの蜜も興奮材料だ。大人しそうで、清楚なイメージの少女。そんな見た目に似つかわしくないほど、ナユのおまんこからは大量の淫水が湧き出ていた。

股間を舐められる羞恥からか、それとも感じすぎているからか。ナユがきゅっと太ももを締めた。
必然、俺の顔が彼女の太ももに挟まれる。スベスベで柔らかい感触。最高。

しかしナユのおまんこを堪能していられる時間は長くなかった。

「またあっつ~いの出せよ? にひひ♪」

腰の上。跨ったミーアが動き出したのだ。
俺が仰け反っているから騎乗位に近い形。小ぶりな尻がトスン、トスンと俺の上で跳ねる。

「んむぅぅぅっ!!」

だが与えられる快感はそんな可愛らしいものじゃない。
キツキツのロリビッチまんこに締め付けられたチンポが、たっぷりの愛液を絡ませながら少女の中を激しく抽挿。竿にヒダヒダが絡みつき、ぞりぞりとカリ首を擦り上げてくる感覚。背筋が痺れる気持ち良さだ。

「あふぅ……っ! お兄さんの……熱い息がかかって……んはぁ……っ! 気持ち良いですぅ……っ!」

快感に呻く俺の声が、振動となってナユのお股を刺激しているらしい。それに力の抜けてきた彼女は、最初よりも深く俺の顔に座ってしまっている。おかげでぷにっとした割れ目に鼻が埋まり、唇はナユのおまんこに食べられちゃいそうなほど密着していた。
鼻息がナユのクリトリスを刺激する一方で、たらりと溢れる甘い蜜が止め処なく俺の口に注がれる。頭がポーッとしてしまうほど、甘美でいやらしい味がした。

「お腹までぷるぷる震えてんじゃん。そんなに気持ちいーの?」

気持ち良いっ。
我慢するのが馬鹿らしくなるほどの気持ち良さだっ。

「こ~んな小さい女の子二人に責められてアヘアヘ。お兄さんヘンタイ?」


なじ
りながらもミーアの腰は止まらない。さっきより動きやすい体勢だからか、リズミカルに腰を打ちつけてくる。
じゅぷんじゅぷんと膣肉で磨き上げられる俺のチンポ。早く精液を寄越せと、中が細かく蠕動しては俺を責めたてていた。

こんなに気持ち良いならヘンタイでいい。
――と思っていたら……

「そんなヘンタイにナユの初めてはもったいないかなー」

「んんっ!?」

「ナユもそう思うっしょ?」

そんなことないよなっ!? 約束したもんなっ!?
俺は精一杯の舌奉仕で、ナユのご機嫌を伺う。

「んんぁっ! ナ、ナユは……っ、ひゃぁんっ! お兄さんが……、ああぁぁっ! いいのぉ……っ! お兄さんにシてもらうって……っ、んはぁ……っ! もう、決めたから……っ!」

さすが俺のナユ! 信じてた!
感謝を込めて、さらに舌を伸ばす。可能な限りナユの中へと。ついでに顔を振って鼻をクリトリスに擦り付ければ、ナユの小さい身体がピクンピクンと痙攣した。

「あらら。ナユってば、そんなにお兄さんのこと気に入っちゃった? でもダメ。アタシが認めませーん」

「ミ、ミーアちゃん……んひゃん……っ! ど、どうしてぇ……?」

「ナユのこと大事だからに決まってんじゃん。やっぱ最初は、ちゃんとした相手とシて欲しいわけ」

「ミーアちゃん……」

「ってことでお兄さん。アタシに認められたかったら、ヘンタイじゃないって証明してみせて?」

ヘンタイじゃないことの証明? そんなのどうすりゃいいんだ?
ナユのサキュ膜をいただくためなら、なんだってするけど。

「簡単だよ。ヘンタイじゃないなら、小さな女の子二人に責められたくらいですぐイッたりしないっしょ? もう三回も射精

してんだし」

いやイくが?
五秒以内に出す自信がある。

「ってことでー、今から三十分! それだけ我慢できたら、ナユの初めてを進呈しまーす! まぁ、愛の試練みたいなもんだね。ナユが欲しけりゃそんくらい頑張んなよ」

むりむりむりむりっ!
三分ならまだしも三十分とか絶対無理だからっ!

するとナユが股をずらし、俺の顔を解放してくれた。
ぷはっと肺に染み込む新鮮な空気。そして、まっすぐ俺を見下ろしながら目を潤ませている美少女。

「お兄さん……。頑張って……くれますか?」

「もちろんだ」

もうね。YES以外の返事なんて出てこないわけ。
だってナユ、めちゃめちゃ期待の眼差しを向けてるから。こんなに想われたら、男を見せるしかない。

俺の返事を聞いて嬉しそうに頬を緩めたナユは、「んしょ」と俺の上から退けてくれた。
体力を消耗していた俺は、そのまま仰向けに寝転ぶ。するとナユはその横にペタンと座り、覗き込むように顔を近づけてきた。

「嬉しいです! 信じてますから、頑張ってくださいねっ」

こりゃ無様なとこは見せられん。ミーアの思惑通りな気がしないでもないが、あえて乗る。膜のために。
下腹部に力を込めて快感に耐える準備。そんな様子をミーアはニヤニヤと見下ろしていた。

「やる気あんだ。いいよ? んじゃせいぜい頑張りな、お兄さん♪」

繋がったままのミーアが、ゆるりゆるりと腰を回し始めた。石臼を挽くような動き。
問答無用で射精に向かわせる動きではないけど、じわりと快感が蓄積していく。てかめっちゃ気持ち良い。

「お兄さんのお顔、ナユのお汁でべちゃべちゃ……。綺麗にしますね」

一方のナユ。可愛らしい舌を伸ばし、ぺろぺろと顔を舐めてきた。
口の周りはもちろん、鼻筋や目元など。ペロペロペロペロ。余すとこなく舐められる。くすぐった恥ずかしいのに、なんか興奮してしまう。

なんて余裕ぶってる場合じゃなかった。
ミーアが腰をグラインドさせ、だんだんと動きを早めてきているのだ。

「んあぁぁっ!!」

のたうち回りたくなる快感。首を振ってなんとか耐える。
けど俺の頬は、ナユの手に挟まれてしまった。ペロペロと舐める行為に没頭し始めてしまったのだ。

「ナユ……っ!」

離してくれと必死に見詰める。けど少女には通じない。

「あぁ……、お兄さん……っ。ナユのために必死に耐えてくれてるんですね……っ。ちゅっ……ちゅちゅぅ……っ」

至る処に降り注ぐ可愛らしい口付けの雨。ナユのまん汁塗れだった俺の顔が、今度は彼女の唾液で塗れていく。

「愛されてんねー。お兄さんは、その愛に応えられるかなー?」

応えさせないと言わんばかりに、ミーアの腰振りが激しくなった。ぐりぐりと股を擦り付け腰をグラインドさせるミーア。
まるでチンポが少女の膣内でミキサーされてるような激しい快感。とてつもない気持ち良さに、目の前がチカチカするほどだ。

「ほらイけよ! アタシのまんこに屈服しろ!」

キャハハと罵りながら、ミーアが俺を責め立ててくる。こんなの無理。我慢なんて出来っこない。
なのに

「お兄さん……ちゅるぅぅ……イかないですよね? れろれろぉ……」

顔中を舐めながら、ナユが懸命に励ましてくるのだ。
こんなに可愛らしく渾身的な応援をされると、どうしたって頑張らざるを得ない。

「無駄だって! もうチンポ、アタシん中でビクビクしてんじゃん♪」

「頑張って下さいお兄さんっ。ナユの初めて、お兄さんじゃなきゃイヤなのぉ……っ!」

無邪気な少女たちに翻弄され、射精と我慢を強制される。

イきたい。
イッちゃダメ。
出したい。
出しちゃダメ。

もう頭の中はぐちゃぐちゃだ。

「ったく、出せって言ってんの! 乳首も抓ってやるから、さっさとぴゅっぴゅしろ! このロリコンマゾ!」

――ぎゅっ

「んあぁぁぁっ!!」

加減のないミーアの乳首責め。ちっちゃい爪でぎゅっと乳首を摘ままれ、電撃のような痛みと快感が走り抜けた。

「ダメですぅ! お兄さんっ!」

痛んだ乳首に、すぐさまナユが舌を這わせる。きっと痛みを癒そうとしてくれてるのだろう。
でも逆効果。敏感になった乳首の先をれろっとされると、蕩けるような気持ち良さに身体が震えてしまうのだ。

「んぐぅ……っ!!」

ミーアのまんこにチンポを責められ、ナユの渾身的な舌奉仕を受けては、息を吐く暇もない。
ベッドの上でされるがまま。ただひたすら快感の暴風雨に耐え続ける。

「イけイけイけっ! ほらっ! もっと腰振ってチンポ苛めてやるからさ!」

――ぱちゅんぱちゅんぱちゅんぱちゅん……っ

加速度的に早くなる抽挿と絶頂までのカウントダウン。
狭い膣壁に擦りあげられ、チンポはとっくに限界だ。

「イッちゃダメっ! ナユの初めて貰ってくれるんですよね? ナユのこと、愛してくれるんですよね?」

愛情たっぷりの囁きで、限界を強制的に耐えさせられる。
うわ言のように「ナユ」と呟けば、少女は嬉しそうにキスで応えてくれた。

けれどミーアは容赦してくれない。激しく腰を振りながら膣内をギュッと締め付け、愛情に蕩けそうな俺の意識を、無理やり快感に引き戻してくる。

「さっきみたいに射精

せって! びゅーびゅーびゅーびゅーロリマンコに種付け射精! シたいだろ?」

シたいっ!
めっちゃ出したいっ!

「ダメっ! 出すならナユの中にっ! ナユの新品処女おまんこに下さいっ!」

あぁぁぁっ!! なんて魅力的な誘惑っ!!

「ほらイけっ!」
「出しちゃダメっ!」

身体と心がバラバラにされる感覚。
身体は射精の誘惑に屈しようと震えるのに、脳はナユの声に応えようと射精を拒絶してしまう。結果、俺のチンポは空イキみたいな状態になっていた。

ビクビクビクビク。全身の痙攣が止まらない。
一滴も射精してないから、いつまでたっても快感が終わらないのだ。

「目がトンじゃってんじゃん♪」

「あぁ……可愛い……っ。お兄さん好きぃ……っ♪」

二人の声が遠い。
視界が真っ白に染まっていく。

このまま死ぬんじゃね?
俺が意識を失いそうになっている時だった。

――ズブリ

肛門から、何かが侵入してきたのだ。

「んああぁぁっ!?」

強烈な異物感に思わず喉を枯らす。

「にひひ♪ すげぇ声出してんね。アタシの尻尾、そんなにきもち~?」

尻尾っ!?
これミーアの尻尾なのか!?

「お兄さんがあんまり生意気だからさー。もう無理やり出させよっかなって♪」

ミーアが尻尾を動かすと、チンポが勝手にビクビク痙攣を始めた。
なんだこれっ!? 気持ち良いとかじゃないのに精液が上がってきた。無理やり押し出されてる感じがするっ。

「ほら。イっちゃえ♪」

「んぐあぁぁぁぁぁぁッッッ!!??」

トドメとばかりにミーアの腰と尻尾が同時に叩きつけられた。瞬間、バチバチッと脳内が激しくスパークする。跨るミーアを跳ね飛ばすほど、身体が勝手に跳ねあがったのだ。

なにこれなにこれなにこれっ!?
わけが分からないうちに――びゅくぅっ! びゅっ! びゅっ! びゅくんっ!!
凄まじい射精が始まってしまっていた。

「ぐぎいぃぃぃぃぃッッッ!!」

気持ち良いなんて優しい感覚じゃない。
頭がおかしくなるっ! 馬鹿になるっ!!
チンポの感覚だけがやたら鋭敏になり、意識が快感だけに染められていく。

獣のような咆哮をあげ、俺はどぴゅどぴゅとミーアのまんこに中出しし続けていた。

「があぁぁ……がは……っ」

いつもの数倍長い射精。やがてそれが終わると、ドスンと腰が落ちる。無意識に、ずっと腰を跳ね上げていたらしい。

「にひひ♪ やっぱり勝てなかったねー」

腰の上。跨ったままのミーアが、勝ち誇った顔で俺を見下ろしていた。
完全にワカラされた。ロリマンコには勝てないと。

「ミーアちゃんズルいよ! 前立腺責めしたでしょ!」

前立腺。
強制的に射精させるスイッチだ。
知識だけはあったけど、今のがそれらしい。ミーアは尻尾で前立腺を刺激しやがったのだ。

「だってお兄さん生意気なんだもん」

「そんなことしたら耐えられるわけないよ! ……ナユ、ホントにお兄さんとシたかったのに……」

意識が朦朧としてる俺の横で、ミーアとナユは喧嘩を始めてしまっていた。
俺だって、ナユのサキュ膜を諦めたくない。そう抗議の視線をミーアに向けると、ロリビッチはバツの悪そうな顔で視線を逸らす。

「あー、もう! 分かったよ! じゃあ今日は引き分けな!」

「引き分け……?」

「どっちみち今日はもう無理なんだから、ナユとのえっちはオアズケ。でも、次に会う時までお兄さんが無事だったら、そん時は好きにしなよ」

「ミーアちゃん……っ!」

よく分からんが、今日はダメっぽい。
それは分かる。俺ももう体力の限界だから。

けど次?
今日を逃してまた会える可能性があるってこと?

遠くなる意識でそんなことを思っていると、いつの間にか二人の姿は消えていた。

ホームに戻る